本当に足痩せ体質に変化するの?脚やせしたいあなたにオススメするストレッチ

更新日:

内腿に隙間を作るストレッチ方法

  1. 壁のそばで仰向けに寝ます両足を壁に垂直に立て掛けます10秒間でゆっくりと両足を開いていきます。
  2. 両足が開ききったら、深呼吸をして10秒間完全に力をきましょう。
  3. そしてその後20秒10秒間かけて内腿開脚した足の内側を軽く叩きます。
  4. その次に10秒かけてゆっくりと両足を閉じます。

途中で内腿を軽く叩くのは筋肉や神経を刺激し血行を促進させるためです痛みを感じるほどの強い刺激はいりません軽く叩いて血行を促進させてあげましょう。

太ももの裏側からお尻にかけてのむくみを解消するためのストレッチ

  1. 仰向けに寝ます。
  2. 片足を胸の前に抱きかかえます。
  3. この状態でもう片方の足を曲げ抱えて抱えていたしをその上にクロスするように重ねます。
  4. 足で数字の4を作るイメージで足を重ねてください。
  5. 下にある足を天井に向けてまっすぐ伸ばしていきます。
  6. 太ももの裏側からお尻にかけて足の裏側全体が伸びていることを感じながら伸ばしていきましょう。

このストレッチはお風呂上がりに行うと効果的です。終わったら足の重ねを逆にして反対の足も同じように行います。

仰向けで寝ます。両膝を立て片方の足を天井に向かって真っ直ぐ伸ばします。両手で膝の裏ふくらはぎ足首など届くところを持ちます。この時に足首は90度にし膝を伸ばします。息を吸って吐きながら胸の方へ足を引き寄せます。腿の裏側への意識をゆっくり感じながらちんわりと伸ばしていきます。
ストレッチをする時は深呼吸をしリラックスし無理のない程度に行うことが大切です。

ストレッチをすることで痩せる体質になる理由

ストレッチが目的は固くなった筋肉を伸ばし筋肉本来の柔軟性や弾力を取り戻すことになります。固く凝り固まった筋肉は血流を悪くし、体に様々な悪影響を与えます。筋肉のコリをほぐしてあげることで体をより良い状態へ導くことができます。

筋肉が通常の状態戻ると、血液やリンパの流れが改善されます。そうすることで体の隅々まで酸素や栄養が行き渡りやすくなります。酸素や栄養が行き渡ると細胞が活性化し基礎代謝量がアップします。リンパの流れ血流が改善されるので老廃物の排泄も効率よく行われるようになります。

老廃物の排泄も効率よく行われることでむくみの解消にもつながります。ストレッチを行うと凝り固まった筋肉が伸び筋肉があるべき状態に戻ります。ですので太もものストレッチを行うことで太ももが痩せる効果が期待できます。

ストレッチを効果的に行う注意点

ストレッチを行う時には気になる部分だけではなくランスよく足全体を伸びるように行うことが重要です。

足全体をまんべんなく動かすことで筋肉を柔らかくします。

気になる部分だけ集中的に行うとその部分だけは柔らかくなりますがその他の部分は固くなっているので体がバランスを取ろうとしバランスを崩し逆効果になることもあるので注意しましょう。

太もものストレッチが終わったら次はふくらはぎのストレッチ

腓腹筋を伸ばすストレッチ

  1. 壁際に立ちます。
  2. 両足のかかとを床に直につけたまま壁に両手をつけ前傾の姿勢になります。
  3. かかとを床につけたままで足を前後に開きます。後ろの足が体の真後ろになるように意識して足を下げてください。足が開くほど強いストレッチになりますので強弱は足の開きの大きさで調整してください。
  4. 後ろに引いた足のかかとを床につけたまま前の足の膝を曲げます。後ろの足の膝はしっかりと伸ばしたままにしましょう。
    後ろ足のふくらはぎの筋肉裏側にある筋肉が伸びていることを確認してください。伸びていると感じれば正しいやり方になっています。

ひらめきを伸ばすストレッチ

  1. 足を伸ばして床に座ります。体が硬い方はクッションや座布団などの上にお尻を乗せておくと楽にストレッチできます。
  2. 両手でつま先をつかんで手前に引き寄せます。
  3. からだが堅くつま先に手が届かない人は無理をせずにタオルやヒモなどを使って足先にひっかけそのままグッと手前に引き寄せてください。
  4. つま先を手前に引き寄せるときは背中を丸めないようにしてください。背中が丸まっると効果が半減してしまいます。この時に足首のうらのヒラメ筋がしっかりと伸びていることを実感してください。

ふくらはぎのストレッチをするときには無理は禁物です。体が硬いとなかなか痛くてつま先を手前に引き寄せられないことがあります。そんなときは無理をせず気持ち良いと感じる程度の負荷をかけながら自然な呼吸を続けていきを止めずに行いましょう。ストレッチをする時間はワンセット30秒程度で済ませましょう。慣れてきたら少し長めに時間をとってストレッチを行いましょう。ストレッチを行ってみてください。

体が硬い人はストレッチ中にかかとを床に付けておくのが辛い時があります。ストレッチを続けることで少しずつ筋肉がほぐれて柔らかくなっていきます。徐々にかかとが床につき正しい姿勢ですと埒ができるようになりますので、毎日続けてストレッチを行ってみてくださいね。

ふくらはぎのストレッチでは、ふくらぎを遅くするために溜まっている老廃物や余分な水分含みとなっている系を排出するのに有効です。ふくらはぎの筋肉を柔らかく柔軟にするストレッチを行うことでふくらはぎがこっそりとしていきます。毎日続けることが効果の秘訣です。毎日続けることが効果を出す秘訣です。無理のない程度に続けていくことがふくらはぎを細くする秘訣です。

ストレッチを行う時に気をつけたい呼吸法

ストレッチをするときは呼吸がとても大切な要素になります。筋肉は息を吐くと緩み息を止めると固くなります。ですのでストレッチを行う際は痛いと感じるところまで伸ばすときは息を止めずに吐きながら行いましょう。ストレッチを行うときはリラックスした状態で伸ばした時に気持ちいいと感じるように行うのが効果的なストレッチです。

太もも、ふくらはぎをストレッチすることで足全体の筋肉を柔らかくすることができます。筋肉が柔らかくなり正常な位置へと戻りますと血流やリンパの流れが良くなり老廃物の排出むくみの解消につながります。健康的な下半身を作ることでふくらはぎや太ももの気になるぽっちゃり感が徐々にスッキリとしていきます。ストレッチを続けることで良質な筋肉を作り太りづらいむくみづらい足を作っていきましょう。

ストレッチが終わった後にやっておくべきこと

ストレッチが終わったら手のひらを使って弱めに、気持ちがいいと感じる程度で足をトントンと叩きリンパの流れや血流を促進させてあげましょう。
ストレッチをした後で筋肉が柔らかくなっていますので血流やリンパの流れがさらに良くなり疲労回復にもつながります。

ストレッチをした後は足が足全体が足全体のリンパの流れや血流が向上しています。足を細くしたい方はさらに就寝時に着圧ストッキングなどをはいて就寝するのは就寝するとさらに効果的です。

就寝中にもリンパの流れが血流を改善しさらに老廃物の排出や脚やせの効果が期待できます。就寝時に履くことのできるストッキングも販売されています。気になる方は、寝ているときも足痩せ効果を実感できる着圧ストッキングをチェックしてみてはいかがでしょうか。

寝ている間中リンパの流れを改善!履くだけで脚やせ効果を期待できる

>>脚やせストッキングを見てみる<<

-脚やせする方法
-, , , ,

Copyright© エクスレッグスリマー , 2017 AllRights Reserved.